健康を保つための医療制度

医療に対する意識を国民全員が高めていく

医療に対する意識を国民全員が高めていく
これから健康と医療について考えるならば、国民全員の意識を高めていくことが大事だと私は思っています。

 

たとえば、119番を押すことでかけ付けてくれる救急車ですが、あまり大したことのない病気で呼んでしまうと、他にもっと緊急度の高い患者がいた場合、救急車が出せなくなってしまうケースがあります。デパス通販

 

私は、過去にインフルエンザと尿路結石で救急車を呼んでしまったことがあるのですが、よくよく考えれば命に関わるような病気ではないので、もしかしたら呼ばないほうが良かったのではないかと今では反省しています。ニキビに効く薬

 

ただ、救急車を呼んだときはインフルエンザや尿路結石だと理解していなかったので、救急車を呼ぶか呼ばないかの判断は難しいところです。

 

同じような理由として、病院へ行くのか?行かないのか?ということもあります。
風邪は万病の元と言いますが、風邪ぐらいならばしばらく様子を見て治らないようなら病院に行くというスタンスが正しいスタンスなのかもしれません。バイアグラ通販

 

病院に行けば他の人が持っている病原菌をもらってさらに重症化してしまう恐れがありますし、自分自身が風邪の病原菌を相手にうつしてしまう可能性があります。

 

また、救急車のときと同じように、風邪以上に重い病気を患っている人が来院したら、たとえ救急搬送ではなかったとしても、重い病気を患っている患者から先に診察を受けてもらうべきです。

 

病気になってしまうと、ついつい「自分が1番辛い症状を持っている」と思い込んでしまいがちです。
人間はみんな誰もが我が身かわいいですから、それはしかたのないことです。

 

ただ、ある程度は医療機関も譲り合って利用していかないと、本当に苦しい人、医療機関を必要としている人が後回しにされてしまい、健康を損ねる人が増えてしまいます。
それでは、医療機関を完全に有効活用しているとは言い切れませんので、そうなってしまわないように、しっかりと判断して医療機関を利用していきたいと私は思っています。

肝臓病と診断された時の体験談

私が、肝臓病と診断された時の体験談を記事にしたいと思います。
肝臓が悪くなっても、自覚症状がほとんど無かったので、自分では、病気にかかっているとは思いませんでした。

 

母に、最近、顔色が悪いと言われて、疲れがたまっている、位にしか考えていませんでした。
年に1回の健康診断の時に、肝臓の数値に異常が現れたので、そこで初めて、病気だという事に気が付きました。バイアグラ通販

 

早速、近所の総合病院で精密検査を受けてみた所、やはり肝臓に高い数字の異常が見つかりました。
私は、脂肪肝と診断されました。

 

これは、発散するエネルギーよりも、蓄積された中性脂肪の方が多いと、肝臓の細胞に、どんどん脂肪がたまって行く病気です。バイアグラジェネリック
私は、肝臓の細胞の30%以上が脂肪化しているので、すぐに治療を行わないと、悪化して最悪の場合、癌になると言われましたので、治療する事になりました。

 

特に脂肪肝に効き目のある薬は無く、生活習慣を変えなければいけないと言われました。
私は、毎晩焼酎のウーロン割を6杯位、飲んで、その後夕飯もきっちり1人前食べます。水虫の薬

 

運動は全然していなかったので、まずウオーキングと食事制限、飲酒の制限を支持されました。
食事で肝臓に効果が表れる物は、ゴマだそうです。

 

ゴマリグナンは肝臓の脂肪の分解を促進して、脂肪を燃焼しやすくなる働きが有るそうです。
ゴマを食べる際、炒ってから、すりつぶして食べるのがベストだそうです。

 

ゴマをいる事により坑酸化力が12倍にもアップし、それをする、事により吸収しやすくなる、という事です。

 

私が、病院で診断を受けてから、毎日、少し早起きをして3kmウオーキングをしてから、サラダや牛乳、豆乳等の朝食を取り、お昼は、お弁当を持参するようにして、カロリーを控えて、夕飯の飲酒は1週間に2回だけ飲むようにしました。

 

又、夕飯の食事も、お肉は極力控えて魚と野菜中心のメニューにしました。
脂肪肝に効く薬が無いので、地道に毎日この生活を繰り返しました。
3箇月後には肝臓の脂肪の割合が通常に戻ったので、努力の甲斐がありました。