健康を保つための医療制度

医療に対する意識を国民全員が高めていく

医療に対する意識を国民全員が高めていく
これから健康と医療について考えるならば、国民全員の意識を高めていくことが大事だと私は思っています。

 

たとえば、119番を押すことでかけ付けてくれる救急車ですが、あまり大したことのない病気で呼んでしまうと、他にもっと緊急度の高い患者がいた場合、救急車が出せなくなってしまうケースがあります。

 

私は、過去にインフルエンザと尿路結石で救急車を呼んでしまったことがあるのですが、よくよく考えれば命に関わるような病気ではないので、もしかしたら呼ばないほうが良かったのではないかと今では反省しています。

 

ただ、救急車を呼んだときはインフルエンザや尿路結石だと理解していなかったので、救急車を呼ぶか呼ばないかの判断は難しいところです。デパス通販

 

同じような理由として、病院へ行くのか?行かないのか?ということもあります。
風邪は万病の元と言いますが、風邪ぐらいならばしばらく様子を見て治らないようなら病院に行くというスタンスが正しいスタンスなのかもしれません。

 

病院に行けば他の人が持っている病原菌をもらってさらに重症化してしまう恐れがありますし、自分自身が風邪の病原菌を相手にうつしてしまう可能性があります。

 

また、救急車のときと同じように、風邪以上に重い病気を患っている人が来院したら、たとえ救急搬送ではなかったとしても、重い病気を患っている患者から先に診察を受けてもらうべきです。

 

病気になってしまうと、ついつい「自分が1番辛い症状を持っている」と思い込んでしまいがちです。
人間はみんな誰もが我が身かわいいですから、それはしかたのないことです。ニキビに効く薬

 

ただ、ある程度は医療機関も譲り合って利用していかないと、本当に苦しい人、医療機関を必要としている人が後回しにされてしまい、健康を損ねる人が増えてしまいます。

 

それでは、医療機関を完全に有効活用しているとは言い切れませんので、そうなってしまわないように、しっかりと判断して医療機関を利用していきたいと私は思っています。

私が、肝臓病と診断された時の体験談を記事にしたいと思います。
肝臓が悪くなっても、自覚症状がほとんど無かったので、自分では、病気にかかっているとは思いませんでした。

 

母に、最近、顔色が悪いと言われて、疲れがたまっている、位にしか考えていませんでした。
年に1回の健康診断の時に、肝臓の数値に異常が現れたので、そこで初めて、病気だという事に気が付きました。

 

早速、近所の総合病院で精密検査を受けてみた所、やはり肝臓に高い数字の異常が見つかりました。
私は、脂肪肝と診断されました。

 

これは、発散するエネルギーよりも、蓄積された中性脂肪の方が多いと、肝臓の細胞に、どんどん脂肪がたまって行く病気です。
私は、肝臓の細胞の30%以上が脂肪化しているので、すぐに治療を行わないと、悪化して最悪の場合、癌になると言われましたので、治療する事になりました。バイアグラ通販

 

特に脂肪肝に効き目のある薬は無く、生活習慣を変えなければいけないと言われました。
私は、毎晩焼酎のウーロン割を6杯位、飲んで、その後夕飯もきっちり1人前食べます。

 

運動は全然していなかったので、まずウオーキングと食事制限、飲酒の制限を支持されました。
食事で肝臓に効果が表れる物は、ゴマだそうです。

 

ゴマリグナンは肝臓の脂肪の分解を促進して、脂肪を燃焼しやすくなる働きが有るそうです。
ゴマを食べる際、炒ってから、すりつぶして食べるのがベストだそうです。

 

ゴマをいる事により坑酸化力が12倍にもアップし、それをする、事により吸収しやすくなる、という事です。

 

私が、病院で診断を受けてから、毎日、少し早起きをして3kmウオーキングをしてから、サラダや牛乳、豆乳等の朝食を取り、お昼は、お弁当を持参するようにして、カロリーを控えて、夕飯の飲酒は1週間に2回だけ飲むようにしました。バイアグラ通販

 

又、夕飯の食事も、お肉は極力控えて魚と野菜中心のメニューにしました。
脂肪肝に効く薬が無いので、地道に毎日この生活を繰り返しました。

 

3箇月後には肝臓の脂肪の割合が通常に戻ったので、努力の甲斐がありました。

私の周囲に限って言えば、看護師さんはプライベートでも、よくお薬を使います。
何か調子がおかしければ症状に合った薬を飲むという、シンプルな考え方です。

 

私は素人なので、お薬を飲めば副作用もあるだろうし、身体に良くないものが溜まっていく気がして、できるだけ飲まないようにしているのですが、看護師の友達にそのことを言うと呆れた顔をされました。

 

どんなことにもリスクはあるじゃない、体調が悪いのとちょっと副作用が出るのと、どっちを取るかでしょ、と。

 

そんな看護師の友人と海外旅行をしていて、ひどい便秘になりました。
3週間ほどの旅で、最初の10日間全く出なくて、ついに相談すると、ピンク色の小さなお薬を2錠くれました。

 

最初は1錠だけ飲んでみて、効果がないようならもう1錠飲むようにと言われました。
飲んで1日たっても全く気配がないので、もう1錠飲みました。それから2日後にようやく出ました。バイアグラジェネリック

 

けっきょく3週間の旅行で出たのは2回だけ。2回目も、その後またもや気配すらないので友人から同じ薬をもらって飲み、それから3日後に出たのでした。

 

すごいと思ったのは、彼女はどちらかというとお腹が緩いほうで、ときどきカフェなどでトイレにこもることがあるほどなのに、ちゃんと便秘の薬も連れの私にあげられるほどの量を用意していたこと。

 

ソーイングセットやメイク用品を持ち歩く感覚で、いろんな薬を持ち歩いているんです。
もちろん彼女自身も、必要に応じていろんな薬を飲んでいました。

 

私の母も看護師で、何かあれば薬が出てきました。飲めば解決、という感じで。

 

創薬の勉強をしている学生にも会ったことがありますが、癌を治す、できるだけ副作用の少ない薬を開発したいと目を輝かすのを見て、すばらしいと思いました。

 

それでも、私は薬に頼りたくはありません。水虫の薬

 

薬を飲むということは、すでに何かしら良からぬことが体内でおこっているということ。
そうならない身体に私はなりたいのです。

 

ひどい状態のときには薬を飲んで症状をおさえることも必要ですが、飲まなくて良い、症状がおこりえない健康な身体でいる努力も、怠ってはいけないなと思っています。

健康と医療を考える上で絶対に忘れてはいけないのは、医療機関に携わる人たちの労働環境です。
いくら優秀な医師や看護師やクラークがいたとしても、体力が無尽蔵にあるわけではもちろんありません。

 

医療従事者というのは、他の人より体力がある傾向にありますが、それでも酷使させ続ければ人間ですのでいつかは体を壊してしまいます。
仮に、優れた医療技術、医療機器があったとしても、それらを存分に使いこなすことができる医療従事者がいなければ、まったく意味がありません。

 

ですから、医療従事者が問題なく働けるような労働環境を守ることがとても大切です。

 

そもそも、小さい子どもや10代の学生たちが病院へと赴いたとき、医療従事者が厳しく疲れた顔をして働いてたならば、医療従事者に対して憧れや希望を持つでしょうか?ED治療薬ジェネリック比較

 

中には厳しいことを知りつつも飛び込んでいく子どもや学生がいるのかもしれませんが、
あまりにも疲弊している医療従者を見れば、正直言って「あんな風にはなりたくないなあ」と、心の底で思ってしまうと私は思います。

 

つまり、現時点で医療従事者の労働環境をしっかりと守らなければ、これから医療従事者になろうとする人たちがこれからどんどん減ってってしまうということです。

 

そして、新人の医療従事者が入ってこなければ今まで働いていた医療従事者の負担がさらに大きくなり、

 

医療従事者は辞めてしまうためどんどん数が少なくなっていってしまいます。
それは、医療業界が最も避けたい負のスパイラルです。アレルギー性鼻炎薬

 

ですから、いくら医療従事者が現在踏ん張っているとは言え、そんな状況に甘えていたならば、いつか医療業界が崩壊してしまう恐れがあります。
医療業界が崩壊すれば、当然日本国民の健康は守られませんので、最低限それだけは避けなければいけない展開です。

 

ですので、医療従事者の労働環境というのをこれから改善させていかないと、健康に関する日本の未来はとても暗いものになってしまうのです。

病院で医療行為を受ける患者にとって、最も恐ろしいのは病院側の医療ミスによる健康被害です。

 

病院で医療行為を施すスタッフはもちろん人間ですから、100%絶対に正しい医療行為を常にし続けることができるというわけでは残念ながらありません。
どんなに気をつけていたとしても、医療ミスが起こらない確率を0にすることはできないのです。

 

ミスがもしも医療以外の普通の仕事であるならば、お金の被害が出たりはするかもしれませんが、人体に影響を及ぼすようなことにはなかなかなりません。
しかし、医療行為というのは人の健康がダイレクトに関わってきますので、周りから見過ごされないのです。

 

ですから、今後医療機関が患者から信頼を勝ち得ていくためには、まず医療ミスを0にすることが何よりも大事です。
医療ミスが起こらないように1つ1つの医療行為を入念にチェックし、本当にその医療行為で正しいのかということを、常に自問自答しながら医療行為をする必要があります。うつ病の薬

 

ただ、救命救急など、ゆっくりと考えている暇がない医療行為もありますので、そんなときは神経を集中させ、絶対に医療ミスがないように医療行為を施していくしかないです。

 

そして、医療行為を受ける患者側や家族は、なかなか受け入れがたい部分がもちろんあるでしょうが、医療ミスに対してよっぽどの過失がない限り、感情的になるべきではないと私は思います。

 

医療ミスは、たいていの場合ヒューマンエラーが多いですが、それらは意図してそうしたものなど1つもありはしないと私は思います。

 

また、医療ミスをしてしまった人が1番苦しむのは目に見えています。

 

ですから、医療ミスが起こってしまったとしても、遺恨を残すまで病院側と争ったりしないことが、双方のためだと私は思います。

 

医療ミスによって健康を害されてしまったら心に深い傷が残ってしまいますが、それでも何とか乗り越えなければいけませんし、そんなことがないように医療ミスを撲滅することが大事だと私は思っています。